読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶったちゃんのお口悪め恋愛つっこみブログ

お口の悪い恋愛心理カウンセラーの桃子が出会った恋愛の悩みや、本人が出会ったカス男、イラッとくる女をまとめてごちゃっと書いているブログ。

   友だち追加

「失恋は辛い。だけど、もうひとり愛する人がいれば、話は変わってくる。」男を信じたいけど、信じられない?確かにねー。でも保険かけてっと、いつまでもそのままよ? 「毒島ゆり子のせきらら日記」より、 正しい禁忌恋愛のススメ

オンナについて

今期はいいドラマやってるわねえ~

おばんどす。モモンヌよ。

 

先週から始まりました、

「毒島ゆり子のせきらら日記」

主演のあっちゃんのキスシーンや、白が似合って爽やかに笑うのに男関係ずんずるずんで泥沼の話題のこのドラマ。

 

たまたま、ティーバーいじってたらでてきて、

観てみたら、こっちのほうが闇深くて面白いやーーんてなっちゃった!

 

冒頭に、このドラマをすべての恋愛体質の女性たちへ捧ぐってかいてるんですけど、

「ももちゃんは、趣味“恋愛”でしょ?」って言われたけど、私も含まれてますかね?w

 

 

しょっぱなから、「別れたくないから、二股はやめてくれ」って懇願する男向かって

うつむきながら主人公・毒島ゆり子はいうのよ。

 

「二股は…やめられません」

 

 

毒の島で「ブスジマ」、この苗字に「ゆり」という美しい花の名前がくっついてんだから

綺麗なもんには、

なんかしらのおっそろしいオマケがついてるってことがよくわかりますな。

ユリの花も密室に大量におくと、中毒になって死んじゃうしね。

 

 

 

こじれにこじれてって面白そうだよね。

この先の展開楽しみだわあ~~

 

しかしなんだろうね

この他人事と思えない感じ??

 

 

いやなんていうのかね、私二股はしたことないし、公認の二股してる子なんてもちろんいないけど、水面下でよろしくやって子たちを知ってるからかしらね…

 

 

とりあえず、気になって

ドラマの公式HPにとんでプロフィーをみてみました!

 

毒島ゆり子、25歳。

あけぼの新聞政治部で大物政治家・黒田田助の番記者

超・恋愛体質惚れやすく冷めにくいため、複雑な恋愛に陥りやすい。常に恋人がいないと耐えられないタイプ。

「この人に裏切られても、もう一人がいる」と二股をかけ続けている。

幼い頃のある出来事がきっかけで男性不信となり、「二股はかけても不倫はしない」をモットーとしている。

 

 

 

男嫌いの男好き。いや、逆かな?

 

 

ゆり子の二股は独自ルールがあって、付き合う前に二股であることを相手に告げます。

二股を了解してくれる相手と付き合うんですな。

 

 

不倫も二股も似たようなもんだけど、同じ様でちょっと違う。

傷つく人間が本人だけか、周りも巻き込むのか、裁判になってお金取られるとか、ね(笑)

この辺は、ゆり子の過去とも関連してきそうだから、今後も要チェックだわ。

 

しかしまあ、ライバルであり

超エリート記者・小津翔太役の新井さん。

こういう雰囲気あってモテる役多いよねえ~。

イケメンってわけじゃないのに、なんか色気があるの。

色気のあるイケ中(イケてる中年)だったら、

大沢たかお様が一番なんですけど♡

 

最近少女漫画よんでも、キュン指数が下がってきた。

なぜかって?

 

 

 

もう少女じゃないからだよおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!(涙)

 

 

 

 

 

相川七瀬もいってんだろ、夢見る少女も年とるんじゃい

夢見る少女じゃいられない

夢見る少女じゃいられない

 

 

 

 

代わりに、こういうアラサー女子の

表面的には普通なのに

実はプライベートぐずぐずでした

っていうほうが、リアルで親近感が湧くようになってきたよぉーーー

 

 

 

余談ですが、漫画の「5→9」もなかなか、ドロドロしてた(笑)

まだ6巻までしかよんでねえけど、

とってもじゃないが、原作に忠実だと月9で放送できませんw

5時から9時まで 1 (Cheeseフラワーコミックス)

5時から9時まで 1 (Cheeseフラワーコミックス)

 

 

 

 

不倫、二股、キープ、その他もろもろ諸見里。

 

人間、ダメと言われた方が盛り上がってしまうこともあるわよね。

でも、周りからダメダメと言われても好きになってしまったら仕方ないし、

自分で痛い目みないと何がダメだったかなんでわからない。

 

そもそも痛い目みるのわかってて、

それでも好きなんだったら

もうそれは幸せだと思うのよ。

 

 

 

私に恋愛相談をしてくれる女の子たちのなかは

「周りから反対されたり、ドン引きされてしまって 肝心な悩みを聞いてもらえない」

という子がいたりする。

 

告白されて付き合ってというほのぼのとした恋愛しかしたことのないお友達に、

不倫だの二股だの、体の関係のお友達だのいっても、非難や好奇の目を向けられる。

そりゃそうよね。やめとけだの、そんなの間違ってるだの言われるのよ。

間違ってない、そうよ彼女たちは間違ってない。

でもさ?

 

 

平穏な恋愛ができてたら、

今こうなってないですよ?

って話ですわな(笑)

 

 

 

 

私は、恋愛は自由だと思う。

どんな形でも。傷ついても、楽しくても。

例えそれが世間的に見て、禁忌であっても

 

 

相手の奥さんに訴えられて慰謝料請求されたり、

毎日精神場状態がジェットコースターでも、

それでもいいって思える位の覚悟があるならいいと思うのよ。

 

 

AV監督の二村ヒトシさんが言ってました。

 

「恋愛はあなたの親が、あなたにつくった心の穴を埋める」ことだと。

 

親の自覚あるなしに関わらず、この穴はできちゃうんだって。

いい親も、悪い親もみんなあると。

で、私たちは、穴を埋めたくて、満たされたくて相手を探すのね。

たとえば似たような人を好きになってしまうとか、付き合ってるうちに必ず起こってしまう心の変化だったりがあるなら、それはあなたの心の穴だそうです。

 

↓この本は本当にいい。グサグサささるけど。

 

 

もしも、いまの恋が辛いなら、自分の恋愛の傾向から、

自分は何を望んでこの状況にあるのか

自分の心の穴ってどんなもんなんか

分析してみるとなにか変化があるかもしれないよね。

 

 

 

まあ実際、不倫男なんて、

いいときだけ楽しくやって

結婚適齢期にはいった途端に

「お前の人生の責任取れないから別れよう」ってのを

ものすごく綺麗な言葉で

畳み掛けてくる

最低のゴミクズ

がゴロゴロいるからいずれ結婚したい系女子にはオススメできないんだけどw

 

 

 

私は愛に溺れたい。だけど、

永遠にひとりの女を愛する男なんて絶対にいない」

 

 

 

主人公はこういって1話は終わる。

「だからあたしは、

              愛を信じない」

 

 

 

 

信じないって豪語するのは、信じたいという現れよね。

残念ながら、二股かけてる間は、

ずーーっと信じられないままなんだけどね。



「いつか男の人信じられる日がくるといいね」

ゆり子が4年付き合っている彼、みーちゃんのありがたいお言葉でお別れよん。

 

恋愛でお悩みの女子たち(私を含む)に幸あれ。

ちなみにこれ、関西で放送してないから

民間無料ポータルサイト「ティーバー」で私は観てます。

www.tbs.co.jp



友だち追加