読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶったちゃんのお口悪め恋愛つっこみブログ

お口の悪い恋愛心理カウンセラーの桃子が出会った恋愛の悩みや、本人が出会ったカス男、イラッとくる女をまとめてごちゃっと書いているブログ。

   友だち追加

ドラマ『オトナ女子』にみる 男選びのクセについての考察 (ドラマネタバレ注意)

オトコについて

お久しぶりですーー

個人的にバタバタしてしまって更新があいちゃったんです。すまんぬ
 
さてさて、皆さん
今期のドラマ、なにかご覧になってますか?
私は今期結構楽しみに見ているものがいくつかありまして、
その中の一つが篠原涼子さん主演の『オトナ女子』
 

 

オトナ女子 DVD-BOX

オトナ女子 DVD-BOX

 

 

40代の綺麗な女性=大人女子≠おばさんという定義のなか、40代の女性3人の恋愛模様を描くというドラマです。
 
  篠原涼子さん演じる中原亜紀は美人でやり手のバリキャリあげまん(付き合った男たちの仕事が絶好調になっていく)
  第1話では売れないイケメンミュージシャンの彼(斎藤工イケメンだけどクソみたいなヒモ役w)をずっと支えていたのですが、若い女に浮気され、挙げ句の果てに捨てられるという辛い経験をします。
  失恋の痛手を引きずっている時に真面目で誠実な出版社勤務の池田さん(平山浩行さん、爽やかっす)に出会います。池田さんはデートの下見にいくような堅実派。そんな彼からの「結婚を前提にお付き合いしてください」という真っ直ぐな告白をうけ、揺れる亜紀。先日、第4話の放送ではアクシデントにより大幅にデートの待ち合わせに遅れてしまった池田が、ずっと待っていた亜紀をみつけ「今日どうしても会いたかった」と抱きしめていました。池田さんの腕の中で目を閉じる亜紀の姿は「これでいいんだ…」と言い聞かせているように見えました。
 
このシーンで泣きましたね。
いや、別段どうってことないシーンのはずなんですよ?
ただ涙の理由は明確だったんです。
「池田さん素敵!キュン!抱きしめて!」
ていうのではなく(まあ20%くらいはあったけど)
 
「何で私、
池田さんに恋できないんだろう」
という本音
 
誠実、優しくて、堅実で、思いやりもあって
いい旦那さん、いいパパになるのは間違いない。容易に想像できます
 
だのに、なぜ?
 
男性にはザックリ分けて4種類いると思ってます
1. 安定した精神と収入!安心の品質保証!!
生活をともにするなら確実にキミだよね!子供のオムツ替えて保育園にもお迎え行く姿が目に浮かぶ!旦那向き
 
2. あまーーーい時間を過ごせるよ!大事にはしてくれるよ!でも自分のこと優先しすぎて将来性はないよ!いっとき付き合う彼氏向き
 
3. 湧き出るフェロモン!付き合うのも結婚もしんどいよ!こんなヤリチン好きになったら地獄をみるよ!でも割り切れるなら問題なし!絶望お色気セフレ向き
 
4. あ、すいません。そもそも無いです。圏外です
 
  この4タイプです。4の圏外は今度詳しく書くとして…
一般的に1-3がだいたい女性のみなさんの眼中に入ってくる男たちだと思うんですけど、ここで皆さんに質問です。
 
「あなたはどのタイプの男に惹かれますか?」
 
「私は結婚したいからー、話が早い旦那タイプ!」
「えー、私は惹かれるのは彼氏向きかなぁ…」
 「好きって言ってくれる男が好きだからむしろ圏外下剋上ありえますけど?」
など色々あると思います。
 
仮に【結婚する】ということを目標とするなら
1.の旦那さん向きと、すんなり結婚するか、2.の彼氏向きの男性を軌道修正していくか、だと思うんですよ。
彼氏向き気質の男性に2人の将来を考えようということはまあまあなんとかなるし、このパターンは多いと思うんです。
 
問題はフェロモン垂れ流し絶望的お色気セフレ向き男に惹かれて、百歩譲って惹かれてもいいけど、自ら炎の中に飛び込むが如く手を出してしまった場合。
 
そう、私が泣いた理由はまさにココ⇦
 
私ごとですが、歳の割に落ち着いた話し方、振る舞い、 mammy&daddyに頂いた豊満わがままボディのお陰で世間でいうお色気(エロ)には恵まれてきました。
 
さらにdaddy(オトーン)と母方のgrandpa(オジジ)が、タイプ違えど、まあそこそこのプレイボーイだったので
うちの女系は色気がある男に惹かれる血筋なんでしょう。
 
そんなんで私が惹かれるのは大抵絶望的お色気タイプが多いんですね
誘惑したのかされたのか、どっちがどっちかわかりませんが お互いお色気ですから話はいつも早い
 
し、か、し
 
問題がでてくるのはココからです
 
見た目お色気、でも中身 超絶真面目乙女!!
(見えへんねん。でも中身知ってる女友達にはことごとく言われるんやで。乙女やねって)
 
さあ真面目な乙女が、絶望的お色気に恋するとどうなるか。
もうお分かりですね?
 
尽くして尽くして尽くしちゃってもリターンは気が向いた時だけ。花の蜜に群がる蜜蜂ビッチは多いから他にも女つくってるのを見つけてしまいズタボロゾンビの出来上がり
 
…書いてて震えてきたわ
耳が痛い人も多いんとちゃいまっか(白目)
 
 
いつだったか
コンパで知り合ったイケメン理容師38歳
彼女と別れて1ヶ月で彼女欲しいというている彼といい雰囲気になって
さてこのまま付き合っちゃうかな?!と思ってウキウキしていたところ、ふと気になるものを見てしまった
 
酔った彼が携帯をチラッと見るとき一瞬だけど
すーーーごく幸せそうな顔をしたんです
 
これは絶対なんかあるぞと彼が寝ている間に深夜のガサ入れ午前4時www
んまあーーーー出てくる出てくる彼女とのラブラブツーショット!!
極め付けは彼女が鹿に餌やってるとこをシャッター押してるんです
わかります?これ。彼女カメラ目線でもなんでも無いの。ただ鹿と戯れてるの。
でもね?そのただ無防備に鹿と戯れてる君をファインダー(携帯のカメラやけど)越しに見つめて、
思わずG・E・K・I・S・H・A☆
ふとした瞬間とてつもなく愛おしく思ったからお撮りになったわけですよね??
毎日毎日仕事中にも5行くらいの丁寧なLINE送って、
てことはよ、、
 
お前、めちゃめちゃ好きやんかーーーーーーい!!!
 
 
っていう…そんなこともあった…
またほんで彼女、私より年上のちんちくりんで、絶妙に適度なブスだったんだよね。慣れてくると可愛く見える的な
女は愛嬌と雰囲気でなんとかなるっていうのと、男はブスに寛容なんだなってことを実感した出来事でした(笑)
 
昔の話さ…
 
奥歯凍るほど震えた体験談から話を戻すとだな。
惹かれてしまう男には(または相手には)傾向というかもうこれは選び方のクセだとおもうんだけど、そんなんがあるんだと思うんです。
しかしながら、そんなクセにあまんじてるだけだと心の傷が毎度同じところをえぐられ、塩塗りこまれ悪化していくだけなんじゃないんか?と。
 
このあいだ知り合いのお姉さんが著名な方の講演会にいったときにお話なさっていたという話を教えていただきました
 
「旅行にいくときってはじめに行き先を決めて、それからスーツケースの大きさや持っていく荷物を決めるでしょ?1週間海外にいくからスーツケースは頑丈な鍵のついた大きいので、あ!海に入りたいから水着もいるな、とか。人生も同じでまずどこに向かいたいのか目的地を決めることがスタート。そのあとに持っていく荷物を考えないと。どうしてみんな目的地もぼんやりしている状態で、先に持っているものを手当たり次第に詰めていくの?」
と、こんないう投げかけをされたそうで。
 
なるほどなあと思いました。例えば「お金に困らない暮らしの中で結婚したい」ということを目的地にするんであれば、結婚という旅にふさわしい相手(旦那さん)を選ばなくてはこの旅行(結婚)は企画倒れしてしまうわけです。自分の目的地と、持っている荷物、カバンの大きさ、もう一回見直していらないものは思い切って捨てないといかんのちゃうかと感じたお話でした。
 
この自分のオトコ選びのクセが目的地にいくのにいらない物であれば、それは思い切って捨てるべきなのかもしれません。
…できるかできひんかは別にして再考してみる必要がありそうです。
 
 それでは今日はこのへんで
アデュー
 
f:id:m30m30:20151107114133p:image
 
友だち追加