読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶったちゃんのお口悪め恋愛つっこみブログ

お口の悪い恋愛心理カウンセラーの桃子が出会った恋愛の悩みや、本人が出会ったカス男、イラッとくる女をまとめてごちゃっと書いているブログ。

   友だち追加

年齢なんて関係ない!何歳だってあなたはカスよ!カスコレ2連投

こないだから少し時間が経ってしまいました。
わたしの心の大切なカスボックスにどんどん貯まるカスエピソードたち。
貯まる量と配信が追いついていませんがしっかりやっていきたいと思います(笑)

さて今回は年齢なんて関係ない!だってあなたはカスだもの!ということで年齢の違う(今回も街コンで出会った)カス男のお話を2つほどお届けします。


《file4: 自分より上の女はシャットアウト!

「俺なんてどうせ…」男》

24歳、カジュアルな格好の彼でした。
顔は進撃の巨人の序盤にでてくる主人公エレンのお母さんを食べた巨人に似ています。

自己紹介のときに、彼は私と友人の関係性を聞いてきました。
この日は大学のときの同級生の女の子と参加していたのでその旨を伝えると、出身校を聞かれました。
「関西の○○大学です」

と言った瞬間彼の顔が曇りました。
「あーー、、、そら大学名言えるわ。頭いいもん」

「(あら?これ、あかんやつ?)いやいやー。出身どこですか?」

「絶対言わへん。そこの大学より下やもん。俺なんか専門やし、4年制落ちたし…」


「そうなんですかー…(これは地雷なんやな、話題変えよう)お、お仕事は何されてるんですか^ ^?」

「え…まあ、普通に…」

「(普通に何?普通にサラリーマン?普通にガテン系?普通にニート?なんでもいけるけど?)
あ、ああそうなんですか^ ^ (一緒に参加している)お友達は何されてるんですか?」

とお友達に話を振り、なんとかことなきを得ましたが 学歴や職種をそこまでしていいたくないってなんなんでしょう。
確かに、このとき私と一緒に参加してくれた女の子はええとこに勤めてましたけどね。歳が近いから馬鹿にされると思ったんでしょうか。
学歴や職種とか、関係ない。大事なのは人間的な知恵があるかないかやと私は思う。
その卑屈な精神をひけらかす方がよっぽど格好悪い。

ほな君はあれかい、自分が格下やと判断した相手にしか愛想よく話をせんのんか。
街コンなんて特にいろんな人くんのに、君どないしますねん。と笑顔の奥でずっとつっこんでいました。
だれかこのことを彼に教えてたげて、余計卑屈なりそうやけど(笑)




《file5: せっこいセクハラ根性がもろバレ!DDD男》

さてお次はこいつ。まずはこの説明からね。

DDD(トリプルディー)とは


D:だれ
D:でも
D:抱きたい


の略である。

はい、そうです。多いですねこういう輩。言っときますけどね、街コンにはうじゃうじゃいるんですよ。
淑女も処女も熟女も、皆さんお気をつけなさってね。
このDDD男(以下D3)、街コンに友達3人と参加していました。その友達の1人がわたしの家の近くでBARをしているということで、私は一緒に参加していた友人と2人で街コンのあとに遊びにいったんです。(2次会ですね)

ついていったのはBARをやってる店主の人が面白かったからでこのD3だけなら絶対いってないけどね。

BARにつくとその店恒例のゲームが始まりました。それは単純に面白かったんです。(全然やらしいのじゃくて、普通に黒ひげ危機一髪とかね)
が、このD3、隙あらばとボディタッチ


露骨なものじゃなく、例えばゲームで負けて女の子の罰ゲームが決まった時に「ほら、罰ゲームやで!はよやらな!」と背中をポンとたたく。
普通なんですよ?撫で回すわけじゃないし、そのままブラホック服の上から外すわけでもないんだけど
そのポンとたたくのも1秒半くらいタッチしてる。わかりますかねこれ。

1秒でも長く触っとこうという

せっこいセクハラ根性が見えるわけです。


しかもそれは自分の好みの範囲に収まってあれば誰でもいい

あわよくばこのあと何とかしてやろうというギトギト感がすごいの。顔も色黒でテカってるし。

アプローチして、引っかかったどれかを釣れればいいんでしょうね。
それがマグロだろうがハマチだろうがヒラメだろうが、なんでもいい。
しかも何が面倒ってそれを恋だと思っているところ。38歳、独身。驚くほど中身がねぇ。

守備範囲に収まってればとりあえずエサまく。相手の反応とか見ずに、いや、見てても微妙に避けられてるだけじゃわかんないから、相手の顔面に向かってエサまく。

いらねぇから。押し売りいりません。
しかもそんな劣化したラードみたいな胸焼けするエサ。
お前の守備範囲にわし入ってるかもしらんけど、こっちの守備範囲にあんたは入ってない。お呼びでない。

はい、退場ー。

一番気持ち悪かったのは、私のマフラー(出会った街コンが冬だったので)をふざけてBAR店主が「高そうやなーー!ももこのマフラー!(思いっきり匂いを吸い込む)はぁーいい匂い!」というのをネタでやった時にD3も同じようにしてたとき。
マフラーをすぐさまはたいて、真顔で言いました。

「わー、気持ち悪。
お願いやから触らんといて」



「えーそんな怒らんでもええやーん」
と若干ビビってひきつり笑いになりながら、私が膝にかけたマフラーをまたとろうとしたので

「ほんとにやめて」
と一喝。
ほんと触らないで。高そうじゃなくて高いんです。ヴィ○ンです。
その後触って来なくなりました。
今でもたまにBARにいくと会いますが、その度に「触らないで」と真顔で言ってます。

いかがでしたか??
カス男って自分がカスなことに気づいていないことがほとんどです。
だから是非一度、「え、カスって気づいてますか?」って聞いてみてください。
たぶんキョトンとされると思います。


ではでは、see you next KASU!

友だち追加