読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶったちゃんのお口悪め恋愛つっこみブログ

お口の悪い恋愛心理カウンセラーの桃子が出会った恋愛の悩みや、本人が出会ったカス男、イラッとくる女をまとめてごちゃっと書いているブログ。

   友だち追加

カス男コレクション file1: アメリカ被れワラハラUNKOパン男

私が合コン、街コンで遭遇した中身スカスカのカス男を紹介するコーナー、
カス男コレクション、通称カスコレ。

女子は「こんなやつおるわー!うわー、わかるーー!!」と思いあたる経験があると思いますし、
男子は自分に重なる部分がないか、ずばり同じようなことやってないか、やってたら「あぁ、俺引かれてたんやな」と猛省するきっかけにしながらお楽しみください(笑)

記念すべき第1回目に取り上げるのは
こやつじゃっ!!

file1《アメリカ被れの青年実業家 ワラハラUNKOパン男》

これは調査で、高校時代の友人に誘われていった合コンで遭遇した男でした。

彼の話をする前に、あとあとのエピソードに関連してくるバックボーンを少しお話ししておきます。

私は中高一貫の女子校出身で、在学中は生徒会に所属していて体育祭や文化祭で司会進行をしたり、部活はダンス部だったので人前に出ることが多かったんです。まあよく目立ってたんですね。

このときの合コンは3対3で、女の子は私と高校時代の友人2人。2人とも私が散々やりたい放題目立ってた学生時代を知っているわけです。

コンパに遅れていた私のことを友人2人が男の子たちに「このあとに面白い子が来る」と紹介してくれていたようで、着いて早々この妖怪に半笑いで言われた一言。

「自分、めっちゃおもろいんやろ?笑」

このように面白いことをやれとかこいつ面白いからとか、お笑いを強要するような行為を“お笑いハラスメント” 通称“ワラハラ”というらしい。

出会って2分でワラハラ発言を私に浴びせてきたこの男。3秒みたら大体わかる、私はすぐ思いました。
(こいつ嫌い)
私が店に到着する前に、先に男性陣と合流した友人からこんなLINEが来ていました。

「いけてると勘違いしてる韓流ぽいやつきた」
「しかもそいつの服の絵が残像に見えるで」

到着し彼を見るなり、爆笑しそうになりました。彼女の形容していたこのワラハラ野郎の外見があまりに的確だったのです。

つまり顔が超 塩顔、前髪斜めに流してる且つボリューミー(まるでカレーパンを斜めに乗せたような髪型)
→カレーパンというあだ名をつける
→中身がクソすぎてあのパンはカレーじゃなくてう○こが入ってるということになり、命名: UNKOパン

また、彼のTシャツは真ん中にモノクロの写真がプリントされていて、その上に同じ写真がプリントされたメッシュ生地が貼られており、動くと写真動いているように見えるデザインになっていました。→残像

ぴったり(笑)


無事にワラハラUNKOパンというあだ名が決まったこの男。年は25歳。アメリカの大学に2年半留学して、現在友達と企業をしているんだとか。所謂 青年実業家。それを物凄く鼻にかけているのがアリアリと伝わってきました。

一緒に会社をしている友人は4年アメリカの大学に留学していたのに、「こいつは4年、俺は2年半?途中で止めてんやん」となぜか偉そうに、心なしかアンニュイな何かをかかえてます感を醸し出してくるんです。

ワラハラUNKOは幹事の女の子と現在交流があるようで、やたらとその女の子のことをいじります。「いじってる俺、面白い、かっこいい」と思っているんでしょう。
関西人が一番嫌いな『イキリ』ってやつです。

私はだんだんイライラしてきて、目が笑えなくなってきました。それ故、ワラハラUNKOを見るときに瞬きをしなくなっていました。(怖かっただろうね)
すると彼は私のことを、ボス、社長、番長、幹事の女の子のことをヒラ、ザコ、下っ端など勝手に女子のランク付けを始めました。

これは私のことをあげているようで、怖いよ やばいよ女子として見れねえよアピールをしとるわけです。
(ある種セクハラでもあるのかな?笑)

イライライライラ。

私はだいぶ限界がきてました。
そこに遅れて男の子がもう1人登場。
遅れてきた彼はとても感じのいい人だったのですが、その彼が発した話なかでワラハラUNKOの揚げ足をとる流れになったんです。
私はそこで今までのイライラを楽しく発散させてしまったんですよね。(2割程度の発散だったんだけど…)

するとみるみるうちに、ワラハラUNKOの機嫌が悪くなっていきました。怒っているけど私の目が怖いから言い返せない、ワラハラUNKOの揚げ足をとった私の言葉に笑った幹事の女の子に対し「お前、明日ももちゃんがいないとき覚えとけよ」「明日以降 倍返しにしてやるからな」という発言をするのです。

イッラーーーー。

イライラが最高潮になって私は目から火が出るかと思いました。

「ももちゃんが俺を見る目が怖い」としきりにビビり倒すワラハラUNKO、他のみんなには優しい(からみんな気づかないけど)目が笑っていない私、という図は会の最後まで続きました。

そしてお会計。
散々ぱら自分たちで会社してる、車で自ら足を運んで営業いって、英語で商談して、みたいなこと言っていました。さあ会計どうなるかなと思っていたらこう言われました。

「じゃあ、女の子2000円でいいよ」


ア然。
友人と顔を見合わせました。


そのあと爆笑、笑えました。
一言目の感想、
「かっこわるーーー(笑)」

なんやその中途半端な金額は。
彼らにしてみたら、いや、ワラハラUNKOが決めたんでしょうから、彼にしてみたら、彼らを気持ちよく持ち上げてくれるキャバ嬢対応してくれる女の子だったら全額出してやろうと思ってたのかもしれない。
しかし、私は彼を目で殺してしまった(笑)口も立つしね、彼はプライドズタボロだったんだろうね。
女に全額払えって言ったら格好つかない、けど俺らが全額払うのは癪だ!ということで2000円、という結論になった。(と分析しました)

いや、いらねぇよ(笑)
そんな少しばかり多く払ったくらいで偉そうにされるんだったら全額払うよ。
まあとりあえず言われるがままの金額を支払いでてきたんですけどね。

二次会も行かないという前提で、友人にお茶を誘われていた私の横で、ワラハラUNKOは男友達2人に「これから新地いくけ♪?」と言っていました。
聞こえたので「新地いくの?」って聞いたら、ものすんごく狼狽えて「いや?え?行かへんよ?そんなとこ、い、行ったことないし?」と面白いぐらいの反応を返してくれました。

こいつは一体、どこまでクソなんだろうか?
新地のお姉さんだってお金もらってもヤダわ、こんな偉そうなやつと思いながら、駅にて解散。
解散のとき、ワラハラUNKOパンは私の目も見ず、下を向いたままムッスーーっとふてくされて解散の合図がなされると食い気味で女の子たちに背を向け、男たちと共に夜の街に消えて行きました。

私と友人は終わってから喫茶店に直行し、ワラハラUNKOの話をいっしきしていました。
さらにその後私の知人から電話があり夜中に焼肉食って気分を変えたというオチつき(笑)



本日のカス男の特徴

・ 人を落として(バカにして)自分が上に立って面白いと思っている

・ 聞いてもないのに1人自慢大会を常時開催

・ 自分が強いと感じた者にはビビり倒し、弱いと感じた者には攻撃をする

・自分は大して面白いことできないくせに「面白いことやれよ」と人に要求し、その人が面白いことができればネタフリをした俺の手柄と思っている


あなたの周りにこんなカス男はいませんか?
こんなカスに出会った!カスにも色々あって一周回って清々しいカスもいれば中途半端にただむかつくカスもいます。
明日、あなたも出会うかもしれないカス男。やつらは妖怪みたいなもんで意外と近くにいるもんです。こんなやつに出会ったよ!とカスを発見したら、その時は是非教えてくださいね!

では今日はこの辺で。
See you next KASU

友だち追加